Artist

GeG
Hiplin
GeG

関⻄出身の音楽プロデューサー / トラックメイカー。
中学卒業後、キーボードを始め音楽の世界へ足を踏み込む。岩井ロングセラー師の元で2年間の修行を積み、 そこからは空遥 / odd shop / ANADDA REBEL/YARD VIBESなど数々のバンドマン時代を経て、25 歳のLA&JAMAICA旅をキッカケに音楽プロ デューサーを志すことになる。

『GeG is Mellow』と自分でも言っているように、メローな楽曲を得意とし、強力なミュージシャンネットワークを
武器に変態紳士クラブの一員としても活動中。そんなGeGが2017年オール・プロデュース作、第一弾となる変態紳士クラブ「ZIP ROCK STAR」をリリース。 彼らの代表曲となった「すきにやる」のヒットをきっかけに現在も進行中のロング・セラーとなり、総ストリーミング数は2000万回再生を超えるスマッシュ・ヒットを記録。

そして2019年には、オール・プロデュース作、第2弾となる"GeGが愛すべき仲間達と奏でたメロウな曲オンリー”のプレイリスト・アルバム「Mellow Mellow~GeGʼs PLAYLIST~」をリリース。アルバムとしてはApple Music ヒップホップチャート1位、総合チャートでは2位を獲得。収録曲の「Merry Go Round」は総ストーリミング数1000万再生を超えるなど、令和元年を代表する一曲となる。そして、2020年3月にはGeG名義としての 第2弾シングルとなる「I Gotta Go」をリリース。令和時代の春を彩る定番曲となるであろうその楽曲は、さらに広いファン層を獲得するスマッシュヒットとなる。

同年4月には、オール・プロデュース作、第3弾となる変態紳士クラブの2nd EP「HERO」をリリース。iTunes StoreではJ-Popチャートで第1位、総合チャートで に2位を記録。
また、ライブの現場でも、バンドマン時代のスキルを活かして、平成から時代が変わる3日間に東名阪のクアトロで開催された大成功となった 『"変態紳士舞踏会TOUR 2019“東名阪クアトロツアー”』や、令和2年2月2日に行われた"変態紳士舞踏会-2222-などのトータル・プロデュースを担当し大 成功させる。GeGは、変態紳士クラブのメンバーとしては勿論のこと、マルチな音楽プロデューサーとしてもその活動範囲を多岐に渡り大きく拡張し続けている、現在最も注目のアーティストの一人と言えるであろう。

Official SNS
CLOSE
Hiplin

Hiplin (ヒップリン) 関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。
自身が歌う楽曲では、SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。

またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に富んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。

そして2016年に発売されたdemo mini Album"2ケツ"の中に収録されていた1 曲"Grow UP"が変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGの耳に止まり新たに Acoustic verにアレンジされ自身のアルバム"Mellow Mellow ~GeG's Playlist~"に 収録したことをキッカケにHiplinの名が徐々に全国へ広まっていく。

そして注目の新レーベ ルGoosebumps Musicからリリースされた、GeG "I Gotta Go"への客演参加や Grow Up /Hiplin&GeG などで一気に注目のシンガーソングライターへと躍り出た、いま最も重要なアーティストのひとりである。

そして、2020年冬Hiplin本格始動開始!!
11月11日1st EP 【CHOKING】をリリースする。

Official SNS
CLOSE