Artist

GeG
Hiplin
GeG

関西出身・音楽プロデューサー。
学生時代、合唱コンクールのピアノ伴奏者への憧れからキーボードを始め音楽の世界へと足を踏み込む。そこからバンドマンに明け暮れた時を経て、25歳の時にLA&JAMAICAを旅した事をキッカケに音楽プロデューサーを志す。現在では、これまでにプロデュースした楽曲の総ストーリミング数は2億回を超え、2021年5月にリリースしたメジャー1st Album “ZURUMUKE”が絶好調の変態紳士クラブのプロデューサーとしても活動を続ける。そして自身が代表を努める“Goosebumps Music”を発足するなど、“変態紳士クラブ“のメンバーだけにとどまらず、マルチな音楽人としてもその活動範囲を多岐に渡り拡張し続けている。

【実績】
2017年GeGオール・プロデュース作品第一弾となる変態紳士クラブ「ZIP ROCK STAR」内に収録されている「すきにやる」は総ストリーミング数3000万回再生、YouTubeでのMVは1800万回再生とロングヒットを記録。 2019年、オール・プロデュース作、第2弾となる“GeGが愛すべき仲間達と奏でたメロウな曲オンリー“のプレイリスト・アルバム「Mellow Mellow~GeG’s PLAYLIST~」をリリース。GeG名義初のアルバムとして話題を呼び、収録曲のGeG / Merry Go Round feat. BASI, 唾奇, VIGORMAN, WILYWNKAは現在で総ストリーミング数3000万回、MVは1400万回視聴再生を記録するなどHip Hop史に残るであろうマイクリレーソングとなる。

2020年3月にはGeG名義のシングル「I Gotta Go feat. kojikoji, WILYWNKA & Hiplin」をリリース。発売半年で総ストリーミング数2000万回&TikTok楽曲使用投稿数2万件超えを記録し、1年越しに春限定で公開された“なえなの“主演のMVは大きな話題を呼んだ。

2020年4月には、オール・プロデュース作品第三弾となる「HERO」をリリースしiTunes StoreのJ-Popチャートで第1位、総合チャートで2位を記録。
そして2021年満を持しての1st Album “ZURUMUKE”で悲願のiTunes Store、Apple Music共に総合チャート一位を獲得し「ミュージックステーション」(テレ朝系列)「シブヤノオト」(NHK系列) など地上波音楽番組に多数出演し話題を呼ぶ。EPとアルバムどちらにも収録されている「YOKAZE」は総ストリーミング数6000万回再生を記録し、1発録り大人気YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』へも出演!視聴再生数が600万再生数を超えるなどロングヒットとなっている。その他にもHiplin、FAKY、和ぬかなど現在シーン最前線で活躍するアーティストへの楽曲提供や、中日ドラゴンズのスターティングメンバーBGMを担当するなど、これまでの総ストーリミング数は2億回超えの日本を代表するプロデューサーとして名を連ね始める。

また、ライブでもマルチな才能を発揮し『“変態紳士舞踏会TOUR 2019"東名阪クアトロツアー』や、新木場スタジオコーストで開催された『変態紳士舞踏会-2222-』、自身のアルバムリリースを記念して行われた『メロメロライブ』のトータル・プロデュースも担当し大成功をおさめた。

【GeGシングル一覧】
Merry Go Round feat.
BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA
I Gotta Go feat.
kojikoji,WILYWNKA,Hiplin
LIFE IS GOOD feat.
VIGORMAN,Hiplin,SNEEEZE,Rin音

【GeGシングル一覧】
変態紳士クラブ / YOKAZE
変態紳士クラブ / すきにやる
Hiplin&GeG / Grow Up
Hiplin & VIGORMAN / Days Gone By
Hiplin / 帰り道 feat. kojikoji
GeG & WILYWNKA / True Romace
FAKY / ダーリン
PERSIA / 舞浜
VIGORMAN / ろくでなしの唄

【GeG Remix】
和ぬか / 寄り酔い(GeG Remix)
VIGORMAN / 大人が言う(GeG Rockstady Remix)
Hiplin / Grow Up(acoustic ver)
mahina & ILYOSS - Night Distance(GeG Remix)

Official SNS
CLOSE
Hiplin

トラックメイキングからレコーディングまでほぼ1人でこなすなど、マルチな才能を発揮している大阪の実力派シンガーソングライター。
自身の楽曲では、BLACK MUSICを軸にSOULやRAGGAEといったジャンルの壁を超えたサウンドに、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せた “Hiplin” 節全開のメロウな楽曲を展開。

2016年に発売されたDemo Mini Album “2ケツ” の中に収録されていた1曲 “GROW UP” が変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGの耳に止まり新たにAcoustic verにアレンジされGeGのアルバム “Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~” に収録したことをキッカケにHiplinの名が徐々に全国へ広まっていく。
そしてGoosebumps Musicからリリースされた、GeG “I Gotta Go” への客演参加や Hiplin & GeG / GROW UPで一気に注目のシンガーソングライターシーンのど真ん中へと躍り出た。

2020年11月11日 1st EP 【CHOKING】をリリースし、リード曲 “帰り道” はフューチャリングにkojikojiをむかえMV再生数は350万回再生(2021年9月現在)を突破し、いまだに再生数は伸び続けている。

そして話題のジャンルレスユニット変態紳士クラブのフロントマンを各々に招き2021年6月にはWILYWNKAとフィーチャリングした “True Romance?”
その後には変態紳士クラブのVIGORMANとのコラボ曲 “Days Gone By”をリリースするなど勢いは止まらない。続く2021年7月には、次世代音楽シーンを担うアーティストの共演作、GeG 「LIFE IS GOOD feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE, Rin音」をリリースし、大きな反響を呼んでいる。

Official SNS
CLOSE