Works

秦基博 / Trick me (GeG Remix)
変態紳士クラブ 3rd EP 「舌打」
WILYWNKA / Chill Out (Prod. GeG)
変態紳士クラブ /「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」
福原 遥 / 道標 feat. Hiplin & Rin音 (Prod. GeG)
VIGORMAN / 短命治療 feat. 唾奇 (Prod. G.B.’s)
変態紳士クラブ 3rd EP 「舌打」

2022年4月29日リリース
Produced by GeG

2022年4月27日にリリースされた変態紳士クラブの3rd EP 「舌打」より、「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」で初披露された「溜め息」や、公演冒頭で披露された「Zombie Walk」を含む全4曲をGeGがプロデュースし、レコーディングも弊社G.B.'s Studioで行いました。

CLOSE
変態紳士クラブ /「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」

2022年2月20日「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」
Performed by G.B.'s

2022年2月20日に日本武道館で開催された変態紳士クラブ単独公演「変態紳士舞踏会 in 日本武道館」のバックバンドをG.B.'sが担当いたしました。

CLOSE
変態紳士クラブ /「変態紳士舞踏会 in 大阪城ホール」

2021年8月5日「変態紳士舞踏会 in 大阪城ホール」
Performed by G.B.'s

2021年8月5日に大阪城ホールで開催された変態紳士クラブ初の単独アリーナ公演「変態紳士舞踏会 in 大阪城ホール」のバックバンドをG.B.'sが担当いたしました。

CLOSE
VIGORMAN – My Job feat. 19Fresh (Prod. GeG)

2022年3月16日 リリース
Produced by GeG

変態紳士クラブのメイン・ボーカルVIGORMANの新作EP『Chemical Reaction』内に収録。

11月にリリースした2nd EP『ROKUDENASHI』よりおよそ1年4ヶ月ぶりとなる今作は、『Chemical Reaction』(化学反応)というタイトルの通り、VIGORMANとBRON-K、NORIKIYO、唾奇、鋼田テフロン、Jin Dogg、JAGGLA、MUD、19Freshら客演陣に加え、ともに変態紳士クラブとしても活動するGeGやhokutoといったプロデューサー陣との化学反応が楽しむことができる作品。

CLOSE
VIGORMAN / 短命治療 feat. 唾奇 (Prod. G.B.’s)

2022年2月16日 リリース
Produced by G.B.'s

今作は沖縄の盟友・唾奇を迎えた1曲。両者のタッグはおよそ1年半ぶりとなる。ソングライター/音楽プロデューサー/ミュージシャンから構成されるハイブリッド集団、G.B.’s制作のエモーショナルなトラックの上で、2人のリリシストが刹那主義的な生き方・人生論を展開する内容に仕上がっている。点滴の輸液バックをモチーフにしたアートワークはデザイナー・YOXXXによるもの。

CLOSE
秦基博 / Trick me (GeG Remix)

2022年6月29日 リリース
Remixed by GeG

「Trick me」は秦が4月にリリースした楽曲。以前から秦の楽曲を聴き込んでいたというGeGは、原曲の疾走感を生かしつつも新たなビートときらびやかなサウンドによって楽曲を生まれ変わらせている。

CLOSE